車の灯火類の進化に関して

車の灯火類は、ヘッドランプ、テールランプ、ウィンカーとも、安泰の向上を目的として、より激しく、どんどん明るくという方向に進化しています。

ヘッドランプに関しては、昔はタングステン型が主流でしたが、電圧が6Vであり、日本では法的な照度の規制もあった為、さほど詳しいは言いづらいものでした。
その後、電装品の電圧が12V化され、よりうれしいハロゲン型に移行し、照度規制も緩和されたので、夜間のドライブときの安泰は、大幅に向上しました。

現在は、一層照度のおっきいHID型(ディスチャージ型、キセノン型などとも称します)ランプを装備講じる車種も多くなり、かつての提灯並みのヘッドランプは隔絶した明るさを実現しています。

又、フォグランプ、ドライビングランプなどの補助ランプに関しても、かつては法的な規制により海外の高照度な製品を並べるという違法行為となってしまいましたが、現在は取り付け位置さえ法に適合していれば、問題なくなっています。

一方、テールランプに関しては、その昔はリフレクター(反射板)のみであり、ストップランプもライセンスランプといった共用という、現在の感覚では信じられない程粗末な物でした。
現在の車では、テールランプの大型化という高輝度化、ハイマウントストップランプの装備などで、かつてと見比べ安泰が飛躍的に向上しています。

その他、ウィンカーに関しては、1960年代の前半ほどまでは、セマフォー(腕木式方向指示器)を装備した車種も見られました。
その後、点滅式のウィンカーの装備が義務付けられ、視認性の劣るセマフォーを装備した車は姿を消しました。
ただし、ビンテージカーのオーナーの中には、現在もセマフォー仕様のままで公道を走行する強者も存在するようです。セダン ランキング