私の愛車は今年の6月に20歳を迎えたガンメタリックの日産スカイラインR32GT-Rだ。1969年に初代GT-Rが発売された頃から憧れていたものの私には手に届く事の無い存在でしたが、6年前の3月、自分の50歳の誕生日プレゼントとして殆ど家族には相談することもなく中古で購入してしまいました。購入にあたっては平成6年の最終型・走行距離は8万Km以下・あまりノーマル・修復歴無しの条件でネット検索を毎日繰り返していましたが、結構予算内での該当車両が見つけられず、しぶしぶ妥協して選んだ白のGT-Rの試乗にショップを訪れたものの思った以上に手が付け加えられてありがっかりしていたところにショップのスタッフが入庫したばかりのオススメ品があると勧めて頂いたのが私の希望を全てクリアして掛かるうえにエンジン周りがピカピカのGT-Rでした。予算は10%ほどオーバーしましたが即決しました。納車後の何日間かは感動といった興奮でハンドルを握るたび身体が小刻みに震えていたのをちゃんと覚えています。動力性能の良い車ゆえに維持費もそれなりにかかりますので出来る限りネットオークションを活用し部品交換などはできるだけ自分で作業するように心掛けてある。また、そうすることで却って愛着が湧きのめり込んで行きます。年甲斐もなくという思われがちですが私の人生の中で何台かの車を乗り継いできて果たしてほしいって思わされたのはこういう車が始めてですし、手に入れた今も尚、こういう車以外にほしいという車に出会っていません。デザインや排気量等に関してなんだかんだ評論された事もありましたが、それらの全てはGT-Rが存在するための必然なのです。ハイブリッドカー一覧

ダイハツにおいている我が家には定期的に
ダイハツからのダイレクトメールなどが届きます。
その時に、何とか知ったのが
ミラココアの特別仕様車のココアベリンダでした。
写真をさくっとみたときに愛らしい車と思いました。
それが関東限定というので
また特別感があると思いました。
オリジナルマークも甘い、
小鳥マークも望ましい!
乗っているだけで気分が女らしくなりそうな車だと思いました。
燃費もJC08モードリッター29キロというのも嬉しいです。
そうして、がんらいココアと言えば素晴らしい車だと思っていましたが
再び新ココアも誕生したので
こちらも気になります。
悩める160コーデというフレーズもワクワクします。
ボディカラーも多くて興味深い見た目、買える楽しさがいいですし、
パネルのカラーもセレクトできて、そこにはピンクベージュもあるのが魅力的です。
落ち着いたブラウンも、シンプルにアイボリーもキュートだ。
シートまでその三色があるのが素晴らしいです。
ボディカラーとパネルというシート、
全ての色を合わせても違う色も喜ばしいなんて、わがままが叶ってしまう。
パネルやシート自体も愛くるしいですし。
ダイハツといえば、ダイハツカフェプロジェクトもあって限定のお菓子もあったりして
いくだけでも楽しめますし、
スマアシやエコドラを体験できるのでオススメしたくなります。車査定 相場

ヤフオクで20万円で落札した93年式シボレーサバーバン
手間暇かけてコツコツ直して乗ってある。
こういう年式90~99年式までは、部品流通もヤフオク・楽天市場で多く困ることはありません。
手に入れてから、アッという間に冷却水漏れをしました。見てみるとウォーターポンプからダダ漏れ。
アッという間に楽天市場において部品を注文し、会社のモータープールで修理。
ウォーターポンプ交換の時に取り外すので、ベルトも交換。予備整備としてオルタネーターも同時交換しました。オルタネーターも2万円弱といった安価に手に入り
ベルト駆動系は、当分大丈夫そうだ。
その後、お決まりのオイルクーラーホースからのオイル漏れ発生。
どっちみちジャッキアップして下に抜けるならと、スターターモーターも同時に交換。
燃料ポンプは、前オーナーが交換したばっかりだからやりませんでした。
ただし、しばらくするとV8がV7?になったような音に、バラつき落ち着きません。
電装系かな?と見直していくと、プラグコードがいかがわしい・・・
プラグコードを安価にオークションで手に入れ、プラグコード全数交換。
なんとか、普段使いが出来る車になりました。
あんなサバーバンですが、5700CCの排気量の割に2WDのせいか、リッター7.0Km以上滑る優等生
前に乗っていたエルグランド3500は4.2Lだったのに。スポーツカー ランキング

若い頃は車がやはりのあこがれでした。まだまだ学生で車を貰うお金などない頃から自分の車が欲しかったし、それでは車がなくちゃ楽しめないという雰囲気がありました。都会のお金持ちの私学生ではありませんから、一層車があれば何でもオッケーだ。当時入っていたサークルでは、どの車もその持ち主と共に皆に愛されていました。たとえば、その頃人気だったミニにはそのカラーから「ネズミラ」というあだ名が擦り込みられ、サークルメンバーなら乗ったことはない人はいないほどの大活躍でした。お金持ちの先輩が乗ずる高級車には引き続き先輩の名前がつけられて一度はのぼりたい憧れとなっていました。遠出をすると決まった前日には、好きな曲を編集したカセットテープを出し、当日はその出来栄えにあーそれでもないこーもないと騒ぎながらドライブしたことは、青春の思い出だ。その時に流行っていた曲を聞けば、思い出深い友とともに車のこともきっちり思い起こします。遠くまで行けば行くほど、ふと大人になったような不思議な気分にになったものです。今の若い人は、当時からあまり車にこだわらないようです。あたしが当時から都会に住み、足が発達しているということもあるかもしれません。けれども、私は若者には車が似合うというのです。今は若い人が味わえるような車が僅かのかなと思います。余分なオプションはなくてもいいから、安全に配慮した、それでいてセンスのいいかっこいい車や望ましい車がもう出てきていただけるっていいなと思います。軽自動車 人気 ランキング

やっとこの日がやって来た。長いこと待っていた。2時間後に彼女を迎えに行く。電話を貰ってからじっくりしていられずに、室内を行ったり来たり。誰かが自分の名を呼んでも上の空。どんどん行ったり来たりを繰り返し、「何か用か?」呆けたような返事をするのは15分後。座って新聞を読んでも目はタイトルの上を舞い、思いは彼女についていっぱい。あゝ、幸いなことにもはや読んでいる時間はない。約束の時刻です、あと20分で彼女に巡り会える。ネクタイを締め鏡を見て髪を溶かす。靴を磨いて、よっしゃ、行こう。胸を弾ませ道に何が残るかわき目もふらずに。着いた、彼女がいる大広間に。心臓が波打ち彼女を編み出す。いた!今、彼女と対面し口が聞けない、呼吸出きない。ただ微笑んで彼女を見入るだけです。彼女も大きな目でぼくを見つめ返す。遂に君はぼくのものです。この上なく素晴らしいフィアト126、そしてぼく。イタリア語の学校で習い始めに教わった授業課題だ。おおかた教諭が作った話でしょう。私が生まれて何とか車を購入しましたのは今から14年前のこと。免許が欲しいといったやっぱり車も恋しくなりものです。免許取得前に車を購入しました。ちっちゃなちっちゃなフィアト600だ。住居はペルージャなのですがアッシジの近くにある、フィアト自動車会社まで教習所の先生方を連れ立って行きました。その会社には修理工場もあって点検整備を通じて洗車も始める、メーカーではなくフィアト系列のディーラーなのですが、アルファロメオやBMWの販売もしています。予約していたものですから、どんな車かは想像していたのですが、女性販売員の方が「よっしゃ、ご対面ですよ」とグレーの大判風呂式を車から全く取り去ると、しつこい紅色の姿が!おう、これが私の車、何という胸のときめきでしょう。こういうときめきは一生のうちにそれほど何度も食らうものではありません。ハイウェイを走った時にもときめきました。というよりこの時は気持ちが弾みました。3車線で右端を普通に走り抜け、抜き出す場合は真ん中か左端車線を使います。兎に角、壁がないからすがすがしいことこれ上無しだ。最高速度は130Km/hまで出せます。けれども160、70って出している人が多いですね。ハイウェイの他に準ハイウェイ(スーパーストラーダ)というのがありまして、こちらは2車線、無料で、最高時速は110kmだ。こちらも障害なしで清々しいこと。最初はクルマを傷つけては繋がるまいといった、大層な気を遣いましたが、既に傷も気にならなくなりました。もう買い換える頃だ。夢はとにかくフェラーリ599GTOあたりが(そりゃ無理だ)BMWのZ4(これも幾らか手が・・・)スズキワゴンRというのを検索して見ました。素敵ですね。トヨタエスティマは私には大き超えるようです。とも家族とともに、といった風ですね。電機って並ぶ日本の主力産業の自動車ができるだけ発展して、売れ行きが伸びますように。ミニバンランキング|2016年人気のミニバンを比較!