若い頃は車がやはりのあこがれでした。まだまだ学生で車を貰うお金などない頃から自分の車が欲しかったし、それでは車がなくちゃ楽しめないという雰囲気がありました。都会のお金持ちの私学生ではありませんから、一層車があれば何でもオッケーだ。当時入っていたサークルでは、どの車もその持ち主と共に皆に愛されていました。たとえば、その頃人気だったミニにはそのカラーから「ネズミラ」というあだ名が擦り込みられ、サークルメンバーなら乗ったことはない人はいないほどの大活躍でした。お金持ちの先輩が乗ずる高級車には引き続き先輩の名前がつけられて一度はのぼりたい憧れとなっていました。遠出をすると決まった前日には、好きな曲を編集したカセットテープを出し、当日はその出来栄えにあーそれでもないこーもないと騒ぎながらドライブしたことは、青春の思い出だ。その時に流行っていた曲を聞けば、思い出深い友とともに車のこともきっちり思い起こします。遠くまで行けば行くほど、ふと大人になったような不思議な気分にになったものです。今の若い人は、当時からあまり車にこだわらないようです。あたしが当時から都会に住み、足が発達しているということもあるかもしれません。けれども、私は若者には車が似合うというのです。今は若い人が味わえるような車が僅かのかなと思います。余分なオプションはなくてもいいから、安全に配慮した、それでいてセンスのいいかっこいい車や望ましい車がもう出てきていただけるっていいなと思います。軽自動車 人気 ランキング

やっとこの日がやって来た。長いこと待っていた。2時間後に彼女を迎えに行く。電話を貰ってからじっくりしていられずに、室内を行ったり来たり。誰かが自分の名を呼んでも上の空。どんどん行ったり来たりを繰り返し、「何か用か?」呆けたような返事をするのは15分後。座って新聞を読んでも目はタイトルの上を舞い、思いは彼女についていっぱい。あゝ、幸いなことにもはや読んでいる時間はない。約束の時刻です、あと20分で彼女に巡り会える。ネクタイを締め鏡を見て髪を溶かす。靴を磨いて、よっしゃ、行こう。胸を弾ませ道に何が残るかわき目もふらずに。着いた、彼女がいる大広間に。心臓が波打ち彼女を編み出す。いた!今、彼女と対面し口が聞けない、呼吸出きない。ただ微笑んで彼女を見入るだけです。彼女も大きな目でぼくを見つめ返す。遂に君はぼくのものです。この上なく素晴らしいフィアト126、そしてぼく。イタリア語の学校で習い始めに教わった授業課題だ。おおかた教諭が作った話でしょう。私が生まれて何とか車を購入しましたのは今から14年前のこと。免許が欲しいといったやっぱり車も恋しくなりものです。免許取得前に車を購入しました。ちっちゃなちっちゃなフィアト600だ。住居はペルージャなのですがアッシジの近くにある、フィアト自動車会社まで教習所の先生方を連れ立って行きました。その会社には修理工場もあって点検整備を通じて洗車も始める、メーカーではなくフィアト系列のディーラーなのですが、アルファロメオやBMWの販売もしています。予約していたものですから、どんな車かは想像していたのですが、女性販売員の方が「よっしゃ、ご対面ですよ」とグレーの大判風呂式を車から全く取り去ると、しつこい紅色の姿が!おう、これが私の車、何という胸のときめきでしょう。こういうときめきは一生のうちにそれほど何度も食らうものではありません。ハイウェイを走った時にもときめきました。というよりこの時は気持ちが弾みました。3車線で右端を普通に走り抜け、抜き出す場合は真ん中か左端車線を使います。兎に角、壁がないからすがすがしいことこれ上無しだ。最高速度は130Km/hまで出せます。けれども160、70って出している人が多いですね。ハイウェイの他に準ハイウェイ(スーパーストラーダ)というのがありまして、こちらは2車線、無料で、最高時速は110kmだ。こちらも障害なしで清々しいこと。最初はクルマを傷つけては繋がるまいといった、大層な気を遣いましたが、既に傷も気にならなくなりました。もう買い換える頃だ。夢はとにかくフェラーリ599GTOあたりが(そりゃ無理だ)BMWのZ4(これも幾らか手が・・・)スズキワゴンRというのを検索して見ました。素敵ですね。トヨタエスティマは私には大き超えるようです。とも家族とともに、といった風ですね。電機って並ぶ日本の主力産業の自動車ができるだけ発展して、売れ行きが伸びますように。ミニバンランキング|2016年人気のミニバンを比較!